読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ「続きを読む」をつけようかな

雑記
スポンサーリンク
最新エントリ

47記事目です。

 

どうも、KURIBO(@nahanai_com)です。

KURIBOCOM”に足を運んでいただいてありがとうございます。

 

f:id:superkuribo:20170315115554j:plain

 

今までやっていませんでしたが、「続きを読む」を導入してみようかと思います。

 導入の理由とは

SNSボタンがクリックしてもらえない

続きを読む」を設定していないと、トップページだけで記事が読み終わります。トップページにはSNSのリンクボタンがないため、クリックしてもらえるチャンスがありません。広告も同じく。

 

読者目線で考えれば、「これは広めたい!!」と思えるような記事でなければわざわざボタンをクリックしてまでツイートすることはないでしょう。そのボタンすらないんですから、まず拡散してくれないでしょう。

 

 

トップページの表示数を多くできる

僕は1記事1記事がそれほど長くありませんが、それでもその記事のそのままの長さで並んでいたらスクロールバーがどんどん小さくなります。

 

これだと見にきてくれた人も嫌になりそうですよね。

 

でも「続きを読む」を使えば1記事1記事を短く表示できるので、トップページでの表示数を多くしていても大丈夫なんです。

 

見たい記事だけ見てもらえる

記事全部を表示していれば、興味のない記事まで読んでしまいます。それは管理者側からすればいいことなのかもしれませんが、せっかく書いた記事なので、読みたい人に読んで欲しいところです。

 

なので、トップページで1記事1記事を短くしておけば、リード文だけ読んで続きを読むかどうかを決められます。これなら読む側も気持ちがいいよね。

 

サイト内の回遊率が上がる

これが一番大きいかもしれない。

 

続きを読む」というボタンはリンクになっているので、クリックしてもらえれば回遊率が上がります。

 

 

スポンサーリンク
   

「続きを読む」ボタンを導入するリスク

もちろんいいことばかりではないんです。

いちいちクリックするのが面倒

これは僕でも思います。

目当ての記事以外にも読みたい記事があった場合、一度戻ってクリックし直さなければならないので、面倒です。

 

リード文だけで興味をひかせなければならない

全文を表示していればだらだらと全部読んでくれるかもしれませんが、リード文だけ表示となると、なかなか文章力が求められます。

 

リード文だけで「これ面白そう!読んでみよう!」と思わせなければ行けないわけですからね。タイトルにも工夫が必要になります。

 

 

まとめ

とりあえずこの記事から「続きを読む」ボタンつけてます。せっかくある機能なんだから使ってやろう。

 

 

これまで書いた記事はどうしようかな・・