販売士2級合格しました!!

スポンサーリンク

57記事目です。

 

どうも、KURIBO(@nahanai_com)です。

KURIBOCOM”に足を運んでいただいてありがとうございます。

 

この記事覚えてる??

superkuribo.hatenablog.com

 この記事書いた時点で多分合格しただろうとは思っていたけど、本当に合格してました!!

f:id:superkuribo:20170324073616j:plain

 僕の春休みの始まりはこいつに蝕まれていました。大学の後期に販売士2級の講座を大学で受けていましたが、なかなか苦しい時間でした。だって講座を受けている人は僕を含めて4人しかいないんだもん。だから毎回机を迎え合わせにして、先生がすぐ質問できるようにしていたわけです。問題を解く時間はそれほどではありませんでしたが、答え合わせの時間が苦痛でした。その問題にでてきた単語の意味を聞いてくるんですよ。あとは講座の先生が販売士1級を取得していて「いかにも経営の世界で生きてきた」感を醸し出すおじいちゃんだったので、プレッシャーもありました。

 

そんな講座を15回分やりきり、春休みが始まってからも大学に行って一人でひたすら過去問を解いて勉強していました。勉強にはこのサイトを使っていました。

2級販売士対策・リテールマーケティング|販売士検定合格の鍵

研究室のコピー機ならただでコピーし放題なので、このサイトの過去問をコピーしまくって解いていました。で、間違ったところは参考書を確認してノートにまとめるという勉強です。

 

参考書はこれを使っていました。試験会場にいた高校生はみんなこれを持っていたので、おそらく人気?なんでしょうね。僕的には商工会議所がだしているハンドブックの内容をぎゅっと1冊にまとめた感じでした。でもこれ1冊を完璧にしても受かる気はしないので問題集も一緒にそろえたほうがいいです。 

まあ、参考書は自分にあったものならなんでもよくて、大事なのは知識をアウトプットする場なんだけどね。

僕はアウトプットの場が講座でした。否応にも質問されて答えさせられるので、ちゃんと答えられれば覚えていることになるし、答えられなければその場で「あのとき言えなかったやつ」として記憶に残ります。だからアウトプットの場は大事です。独学で勉強しようとしている人なら、日本経済新聞を購読するのがおすすめです。自分が興味をもった内容のところに関して、販売士の勉強で学んだことをリンクさせながらコメント文を考えてみましょう。

 こういうコンテンツでも勉強できそうです↑

 

いつのまにか勉強法のアドバイス的なことをしていましたが、とにかく重要なのはアウトプットです。それさえ作ってしまえば合格に大きく近づきます。一緒に勉強する仲間なんかを作っちゃうのもいいですね。

 

僕は試験に合格し、晴れて「販売士2級持ってる」アピールができるわけです。でも販売士(今はリテールマーケティング)っていう資格の存在を知ってる人って意外に少ないんですよね。友達は誰も知らなかったし、ゼミの先生も「どんな資格なの?」って聞いてきたくらいですから。知名度に低い資格を取ってもあまり「取ったぜ!!」という気分にはなれていませんが、講座の先生は就活の時に絶対評価してもらえるとうことでした。そして1級を取ればいっきに視野が広がるという話も。

 

きっと視野が広がることはないだろうと思いつつ話を聞いていると、なにやら1級を持っている人だけができることもいろいろあるようです。経験を積めば講習会の先生として呼ばれたりもするらしいです。行く気は無いけど。まだ1級取れるかもわからないし。

 

僕は情報系だけど、経営関係の資格を取っているわけです。そして、おそらく1級の取得には多くの時間を要する気がします。残りの大学生活の多くを占めてしまうかもしれません。でも講座の先生は「資格取得のために大学生活の多くの時間を勉強に費やしている」ということを絶対に評価してもらえると、言っていました。確かにそれはその通りだと思います。僕の行っているような田舎の大学では周りに遊ぶところなんてありません。でも都会の大学生は朝まで飲み歩いたりサークルやったり遊びまくってるんだろうなぁと勝手に思っています。それはそれで楽しそうだなとも思うけど、勉強します。今は人との付き合い方を学ぶのも大事だけど、やっぱり働くためのスキルを身に付ける方が重要だと思うからです。

 

最近僕が読んでいるブログを書いている人の中には転職したという人や退職したという人が何人かいます。どんなに希望を持って就職しても、職場の人間関係だったりで嫌になる人は今のご時世いっぱいいるんだと思います。手に職をつけていれば転職してもやっていけそうですし、食べて行くことはできるでしょう。でもいくら飲み会で人気者になれるスキルを磨いても、お金が出て行くことはあっても入ってくることはないでしょう。

 

僕は正社員になって「自分の一生をその会社に尽くす」という人生は嫌です。かといって起業するというわけではないですが、一つの仕事で燃え尽きるというのは嫌です。

 

販売士2級の話とずれてきたのでここで終わります。

 

スポンサーリンク