読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女に対して理想の高い世の男どもに告ぐ

スポンサーリンク

72記事目です。

 

どうも、KURIBO(@nahanai_com)です。

KURIBOCOM”に足を運んでいただいてありがとうございます。

 

f:id:superkuribo:20170409191054j:plain

 4月に入ってはや10日ほど経過し、入学式だったり入社式が行われ、新たな出会いがあるかも!?とそわそわしている頃ではないでしょうか。

 

さて世の男どもに言っておこう。僕も男だけども

 

彼女作る時にそんなに理想高くして大丈夫??

 

世の男どもの理想なんて以下の通りでしょ。

  • 胸が大きい
  • 顔が綺麗
  • 性格がいい
  • 料理がうまい
  • ファッションセンスがいい
  • 可愛い

これ以外は各々の好みで。

 

確かに、せっかく彼女を作るんだったら可愛い子がいいし、もっと言ったら胸が大きい方が色々わくわくしますよね?

 

もう1回いうけど、

 

彼女作る時にそんなに理想高くして大丈夫?

 

さて、さっきから何を言いたいんだKURIBOは、と思い始めた人がいるかもしれませんが、こういうこと↓

 

理想が高いなら君も同じように求められる

どういうことかというと、男の方が可愛い子がいいー!といえば、女の方もイケメンがいいー!と言うわけです。

 

なので、出会いを求めるということは男と女の戦いなんですよ。多くのことを要求すれば、相手からも同じように多くのことを要求されてしまう。

 

もし、

  • 胸が大きい
  • 顔が綺麗
  • 性格がいい
  • 料理がうまい
  • ファッションセンスがいい
  • 可愛い

これらのことを本当に求めているのならば、1度鏡で自分を見た方がいい。本当にこんなに全て要求していいような外見をしてるか??

 

イケメンか?ニキビ・髭の手入れは完璧か?性格はいいか?お前も料理できるのか?ダサい服装ではないか?お前も彼女に可愛い一面を見せれるのか?

 

求めることが多ければ多いほどお前も同じように求められるんだぞ。

 

 

スポンサーリンク
   

服装を合わせるのは本当に大変

ではここからは僕の実体験を。

 

僕は一人ででかけるときはジャージでいいのではないかと考えているほど、着替えるのが面倒な人間です。詳しく言うと、ベルト閉めてワイシャツのボタンを閉めたりするのが煩わしいんです。なので、ジャージならすぐ着替え終わるんですよ。

 

そんな僕は、このブログの読者なら知ってるであろう足フェチなんです!!!

 

 


 こんな記事書いちゃうような人間なんです。

 

なので、僕は彼女に対してよくタイツだったりニーハイを履いてほしいと言います。履いてほしいと言ったその日には履いてはくれませんが、近日中には1度は履いてくれます。マジ天使。

 

でもそのかわり、服屋にいったときの僕の服装には辛口です。僕は一人で服を買ったことがないので、良さそうな服を見つけても、彼女に「これどう?」と聞きます。そうすると、普段の僕の服装のダメ出しと合わせて意見されます。

 

初めて言われた時は「むっ」っとしましたが、僕は納得しました。

 

僕が彼女にタイツを履いてほしいって言ったように、彼女も今僕にもっとちゃんとした服装をしてほしいと求めているんだと。

 

このとき初めて僕は求めすぎていることに気がつきました。そして求めればそれは自分に返ってくるということに。

 

 

まとめ

自分のスペックが高いなら理想を高くしてもいいと思うけど、そうでないならば理想は下げるべき。それがお互いのためになる。

 

それに、理想を少し下げただけで選択肢なんていくらでも広がるかもしれない。胸が大きくたってそのうち垂れるしね。

 

理想を低くして、ちょっと良さそうだなって思った人に思い切ってアタックすれば大抵付き合えるから大丈夫。

 

少子化を脱却するために頑張ろうぜ!!